卵子と精子の寿命はどの位?

ワンステップ排卵検査薬クリアの通販方法は?

卵子の寿命は実質6時間くらいだそうです

卵子の寿命は、24時間、つまり、1日程度と言われていました。
ですが、最近の研究では、実質の受精が可能とされる時間は、その3分の1程度。つまり、8時間くらいしか無いそうです。

その位、受精できるタイミングが限られるのです。
確かに、これだと簡単に妊娠できないのも頷けます。また、1度の排卵で受精する確率は、およそ20%ほどとも言われています。

対する精子は、膣内では、2日~3日程度の寿命がありますが、最長では、1週間程度生き残る事もあるそうです。でも、万が一1週間生き残った生命力のある精子が居たとしても、その数が少なければ、結局受精確率は低いだけ。

なので、長くても3日位と考えておいた方が良いと思いますが、そうなると、排卵日予測の3日前位から仲良しのタイミングを計りたいところです。

そういう意味でも、ワンステップ排卵検査薬クリアのように、LHサージの早期を確認可能なら、排卵日の特定もしやすくなるので、タイミングも合わせやすくなりそうです。

卵子の寿命である8時間程度という限られた時間に合わせて、前もって精子がスタンバイしていないといけないということですが、精子は、毎日新しく作られていて、その濃度も質も毎日出しても変わらないそうです。

なので、惜しんで溜めておくよりも、排卵日が近くなったら、毎日仲良しした方が良いのかもしれません。

ページ

Copyright (C) 2017 ワンステップ排卵検査薬クリアの通販方法は? All Rights Reserved.